レスで離婚したいと話し合った後の気持ちの変化 レス体験談8

私のセックスレス体験談

セックスレスがつらいし
夫は子育てにも協力的でないし
夫婦としてのコミュニケーションもない・・・

だから、離婚してよ!!と旦那と話し合ってきたという
お話をしてから、もうすぐ3年なんですね・・・

時間が流れるのは早すぎます。

すっかり、ブログを更新できていませんでしたが
また状況も変わってきたのでお話をできればと思います。

結果的に、今現在、離婚はせずまだ夫婦を続けています。
以前よりは夫婦関係も良くなってきています。

なぜ、レスでの離婚に突き進まなかったのか
セックスレスは改善したのか、あきらめたのか・・・
1つずつお話していこうと思います。

セックスレスがつらいし離婚したいという思い

前回ブログを書いてから3年弱の月日が流れました。
すみません・・・

(その間もメールをいただいたり、コメントをいただきましてありがとうございます。
今でもレスでたくさんの人が悩んでいますよね。一緒に歩んでいきたいと思ってます。)

その間、私たち夫婦がセックスをした回数はゼロです。
セックスレスは何の改善もしてないし変化もありません。

でも、1つ大きく変わったことがあります。
それは、私自身の考え方です。

セックスレスを受け入れられるようになりました。

レスはつらいし、苦しいし、耐えられない
今まではそう思ってきました。

そして、その苦しみをわかってくれず受け止めてくれない夫に対して怒りを持ってました。

さらには、セックスもできないダメな奴と完全に上から目線で見下し、バカにしてきました。

めちゃくちゃイヤな奴でした。

でも、それも私の心の叫びだったと思います。
本当に辛くて苦しくてしんどかった・・・
誰かに助けてほしかった。

それを旦那に求めてました。

旦那は旦那でつらいし苦しんでいたんだと、今は思います。
その当時はそう思えなかったし、思ったところで自分が原因なんだから自分で何とかしろ!と思ってましたが。

旦那自身も余裕はなかったはずです。

私に責められ、罵倒され、バカにされているのも気づいていたと思います。

だから、自分を守るために、私を責めるようなことを言ったり、自分の保身に走るようなことを言っていたんだと思います。

こう見ると、お互い様ですよね。

そうなんです、やっぱり夫婦は合わせ鏡だということに気が付いたんです。

私が旦那に対して抱いている思いは、旦那も私に対して抱いている思いと一緒なはずです。

誰でも自分の痛いところを責められたら、自分で自分の身を守りますよね。

自分で気にしている部分だからこそ、そこを責められたら、逆襲します。

旦那にとったら、EDやセックスレスはとても気にしているし、プライドを傷つけられるようなものだと思うんですよね。

本来であれば、そこから夫婦で寄り添って考えて、話し合っていくべきところでした。

それが出来なかったのは、お互いの余裕のなさが原因だと思います。

お互い、いっぱいいっぱいでした。

仕事もあるし、子どもが欲しいという思いもあるし、セックスレスはイヤだという気持ちもあるし・・・。

いろんなことに余裕がなくて、お互いに相手を責めるということでイライラを解消しようとしていたんだと思います。

そして、それがうまくいかないと相手のせいにして、私は離婚がしたいと思うようになりました。

でも、いろいろ考えて、悩んで、勉強したりもして
それで、夫婦は合わせ鏡だと納得することができました。

私は、旦那を責めてばかりで、寄り添おうという気持ちがなかった。

そしたら当然、旦那も私に寄り添ってくれるはずはないなと気が付きました。

もちろん、ここまでスムーズに考えが変わったわけではないし
旦那を責めたくなることもあるし、離婚という文字が頭によぎらないわけでもないです。

でも、旦那のことも認められるようになりました。

離婚を言い出してから、変わろうとしてくれたところも多いです。

今では、旦那もかなりの家事をしてくれるようになったし
子どものことも一生懸命に見てくれています。

そして何より、あんなにひどいことを言ってきた私のことをそれでも、夫婦としてやっていきたいと思ってくれています。

そう考えると、私が自分の親以上に言いたいことを言って、ひどいことを言って、それでも私のことを受け入れてくれる人なんて、他にいないんじゃないかと思えるようになりました。

状況は変わってないけど、私の気持ちが変わったというのは、こういうことです。

セックスレス解消を諦めたのか

セックスレスについての考えも、変化はしてきました。

今までは、辛いし、苦しいし、もうどうしようもないどす黒い感情がありました。

それが今は減ってきました。

夫婦関係が悪い時は、セックスレスという状況はつらいけど、もはや旦那とセックスしたいなんて気持ちは1ミリもありませんでした。

気持ち悪いと思ってたし、近寄ってほしくなかったです。

それが今は、そこまでの悪い感情はありません。

レス自体にやるせない思いを感じることはあります。
私はもうこれからセックスすることはないのかな、と考えると寂しい気持ちにもなるし悲しくもなります。

でも、そこに対して旦那を責める気持ちはあまりありません。

今は夫婦の会話はあるし、旦那の優しさも感じることが出来ます。

スキンシップはないし、一緒の部屋で寝てもいないけど、もしもっと関係が良くなったらいちゃいちゃするぐらいはできるかな、イヤ無理かと考えるくらいにはなってきました。

私自身が旦那を受け入れて、セックスレスを受け入れることが出来たんだと思います。

これからどうなるかはわからないけど、とりあえず今はこの現状で落ち着いている感じです。

子どもも大きくなったし、2人目も欲しいと思いながらここまで来てしまいましたが、前にブログを書いていた時より、はるかにいい環境にはなりました。

レス解消と言う結果にはなっていないけど、私自身の考えとして、どうしてもセックスが必要なわけではないと思えるようになりました。

悲壮感なく、素直に現状と向き合えている、という感じでしょうか。

セックスを諦めたというわけでもないし、レスを解消したいという気持ちもまだ残ってはいます。

相手を責めず、自分も責めず、私たちらしい方向へ向かっていければなと思ってます。

まとめ

セックスレスって簡単に解消できるものではないと思うし、気軽に相談できるものではありません。

でも、ちゃんと悩んで考えれば答えは出てくるのかなと感じています。

とにかく、相手を責めたり、自分を責めたり、ケンカをしても何も解決にならないのは確かです。

相手に対して抱いている感情は、相手から自分に対する感情と一緒だと分かったことで、私は大きな変化がありました。

心の余裕がとにかく必要です。

つらいときはつらい、苦しい時は苦しい、と、まずは吐き出していくところからだなと感じています。

取りとめもない感じになってしまいましたが、今回はここでおしまいです。

コメント